コンテンツ3

租税教室のご案内(小・中学校)


私たちが安心して生活していくためには、警察、消防、道路や公園など、私たち個人や民間の団体だけでは賄うことのできない公共サービスや公共施設が必要です。

このため、国や地方公共団体は、社会福祉の充実、住宅や道路の整備、教育や科学技術の振興など幅広い活動を行っています。

このように国や地方公共団体が活動するためには、たくさんの資金が必要ですが、その主要な財源は私たちの税金によって賄われています。

国民の一人一人が税を身近なものと考え、税の意義や役割を正しく認識してもらうことは、大変重要なことから、鹿児島地区租税教育推進協議会では、「税金は国や地方公共団体が活動するための大切な財源であり、共同社会を維持するためのいわば会費」であるということを皆さんにご理解していただくため、租税教室を開催しています。

授業の形式については、事前に担当の先生とご相談の上、キャリア教育への対応も検討します。
また、講師派遣に関する費用は一切かかりません。

「租税教室の様子」と「児童・生徒・担当教諭の感想」

img3.jpg img4.jpg img5.jpg
  • 「税金は大切なもの」という気持ちに変わりました。 これからは、「税金は大切なんだよ」とみんなに教えてあげたいです!!
  • 今日の授業で、税金があるから、みんなが豊かで幸せに暮らせているのだと分かりました。 これからも、みんなが幸せに暮らせる世の中になってほしいと思いました。
  • 税金は私たちの生活にかけがえのないものだと知りました。 今、使っている教科書なども、きれいに大切にあつかっていきたいです。
  • 税金を見る目が変わりました。 そして、今日初めて税金についてじっくり考えました。 これからは「税金がもしなかったら」ということに気をつけていきたいです。
img6.jpg img7.jpg
担当教諭の感想
  • 分かりやすい教材、説明により、子供たちの税に関する理解がたいへん深まりました。「税金は払いたくないと思っていたけど、みんなのため、自分のために必要なものだと分かりました」といった感想が何人もの日記にあったくらいです。
  • 「税は身近なもの」という意識を持たせるためにも、年一回は必ず租税教室を開催していただきたいと思います。今回の教室で、引続き、子供たちへの意識付けや指導をしていく、良いきっかけになりました。
  • 税について、ほとんど分からない子供たちが、租税教室が終わった後、とても税に対して興味を持つようになりました。

申し込み・問合せ

租税教室への講師派遣、ビデオ・DVD等の貸出、税務署見学などの申し込み・問合せについては、各地区租税教育推進協議会事務局(鹿児島税務署 税務広報広聴官)まで、お気軽にご連絡ください。

鹿児島県租税教育推進協議会事務局
〒890-8691 鹿児島市荒田1丁目24番4号(鹿児島税務署内)
TEL(099)255-8111 (内線2211・2212)